09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

渡り鳥の旅日誌

  // 

ゲーム雑記+私生活の殴り書きブログ。木曜~日曜のどこかで更新予定(予定)

ムッカー 

 いくらなんでも


 いくらなんでもなぁ



 規定でとった休みをどう使おうが自由なんじゃないかなぁ。
プライベートまでバイト先に縛られるなんてのはいかんと思うんだけど。

 これは将軍の悪い予感が当たったかな・・?








 ドモハヨウゴザイマス('+')ノ サーフィスです








 http://doope.jp/2013/0527897.html#more-27897
最後を飾るに相応しいプロットや新要素など「Borderlands 2」“Tiny Tina’s Assault on Dragon Keep”のプレビュー情報まとめ



 実を言うとボダラン2のDLCはまだ1つも買ってないんですけどね。
ただそれでもやはり面白そうなのは面白そうなので欲しいっちゃ欲しい。

 アレだ、DLC入りディスクがあれば買うんだけどな。


 ってことで最終DLCの概要が出てきているので引用。


・ゲーム中にはダンジョンマスターを務めるTiny TinaとLilithやBrickとの口げんかがしばしば聞こえてくる。
・Tiny Tinaの行き当たりばったりなゲームマスターぶりには第4の壁を突き崩すようなゲームのメタ表現が散見される。
・ゲーム開始から数分でLilithにロケーションと設定の矛盾を指摘され、エリア全体が虹色の明るい世界から暗く岩がごつごつとした世界に書き換えられる。
・プレイ中にはMr.Torgueなどお馴染みのキャラクターがNPCとして登場する。
・Tinaはみんなの為に(受け入れがたい事実から目を反らし)楽しいキャンペーンを作りたいと考えている。
・最後のシーズンパスDLCに相応しいエピローグと、本編のエンディングよりもしとやかな瞬間が用意されている。
・ゲームプレイ中に登場した明らかに強力な敵によってプレイヤーを倒されたLilithがTinaに文句をつけ、その場でプレイヤーが復活しボスがNerfされるシーンが見られるなど、プレイ中のTinaは相変わらずぶっとんでいる。
・Tiny Tinaはこのゲームセッションを通じて直面している悲しみについて何かを学ぶ。そういった意味では本DLCはお茶会ミッションの拡張とも言える。
・固有の演出を擁するいくつかのDLC専用武器が用意されている。
・登場する敵は単なるスキン変更ではなく、固有のAIパターンが用意されており、プレイヤー/パーティに各種Buffを付与する妖精など未見のクリーチャーが登場する。
・本DLC特有のラウンドベースなアリーナが実装されている。
・本DLCはGearbox史上最も大きいボリュームを擁している。GearboxのRyan Heaton氏はアーティストに4種のスケルトンを求めたところ、返ってきたバリエーションは16種類だったと説明している。
・Eridiumを消費してBuffが得られる社や、ロール可能な宝箱、スロットマシンが登場する。
・自動販売機がステンドグラス風にリデザインされている。
・“Tiny Tina’s Assault on Dragon Keep”の配信は6月25日予定。













 さて、ゲイツ補充するか否か・・悩ましいね・・!

 
Xbox360  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

コメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetsux1.blog51.fc2.com/tb.php/2080-bff26be1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top